たも2.0

読んだ本の記録、ランの記録など雑記帳になっています

月曜日

6:55起床。本当は5:50にアラームをかけたのだった。やってしまった、と思ったが大丈夫、全然出勤には間に合う時間だ。良い天気なのに走ることはできないな、と思って少し悔しい気持ちになる。

昨日は友人のちょっとした演奏企画に参加して、その帰りに少しお酒を飲んだのだった。起きれなかったのはそのせいかもしれない。荻窪で夜の21時からだったから、家に着いたのは23時を回っていた。昨日は朝から予定があったが午前の予定はパスして3つほど作り置きをしておいた。その筑前煮に火をかけて煙草を2本ほど吸う。もう7:15分で、筑前煮を詰めたら家を出ないといけない。

最近、いつものランニングコースの近くに卸売市場があることがわかり、とは言えあること自体は知っていたものの近寄りがたく近寄ったことがなかっただけなのだが、この前はじめてちゃんと敷地内に入ってみたのだった。朝は5時頃から動いていて、まだ日が昇らない時間にランニングする時にも、大きなトラックやカートを動かす従業員の人たちとはすれ違っていた。

この日も朝から既に人だかりができていた。

中はそれぞれの卸売業者のブースが所狭しと暖簾分けされていて、それぞれに手書きの値札と鮮魚が並ぶ。奥の方には食堂があって、調べてみると1,500円の海鮮丼がとても有名らしい。三浦哲哉さんが『食べたくなる本』で確か、自炊が興じて自分で市場から買ってきた魚を捌くようになった、みたいな話をしていて、こういう場所で買っているのか、とついに分かった気がする。まるまる一尾の鮭が7,500円で売られていたり、名前の知らない貝や、その場で焼かれた鰻もあった。とはいえ、僕はここで売られている魚や(おでんの具もあった)切り身が安いのか高いのか、どの程度お買い得なのかがわからない。半年は長すぎるけど、せめて半月は近くの魚屋と往復してROMる必要があるなと思った。

昨日、スーパーの肉屋で1kgの丸鶏中抜きを見つけて買ってしまった。なかなか売ってなくて、やっと見つけることができた。クリスマスの時期にお腹に色々詰めてグリルで焼いてみたくて、でも初めてだから何度か練習しないとなと思っていたところだった。いまは冷蔵庫のパーシャルに入っている。