與那覇潤『過剰可視化社会』を読んだ

 とても良かった。個人がネガティブな物語を物語ることへの社会的な抑圧がおおきな社会であること。資格や学歴といったポジティブな属性のみならず、障害や病気といったネガティブな属性までもがタグ付けされ資本となっていること。などなど、面白い話がたくさんあった。対談相手に選ばれている三人と與那覇さんがそれぞれに準備をして臨まれていることや編集の力もあってか、とてもコンパクトにいまの日本社会の病理を抉り出すことに成功していると思う。これまで東畑開人さんの本は書店で平積みになっているのを眺めるだけだったが、本書で開陳されている説明に平伏しっぱなしであった。さっそく図書館で本を予約した。
 3人との対談で一貫しているのは、可視化しきってしまうこと、資本に取り込まれてしまうこと、身体を失うことへの違和・抵抗である。グレーゾーンを残すこと、資本の支配する物語とは別の物語をオプションとして作ること、そしてリアルな身体感覚の復権・信頼である。
 特に身体への忌避感というのはこのコロナで一層加速したように思う。もともと厄介なものであった身体が、接触を更にないものへと働きかけられ、単なる情報のやり取りを行う主体のみが残ってしまった。本書でも述べられる通り、リアルな身体のプレゼンスには、極端な非難の応酬や過激化を踏みとどまらせる力がある。
 磯野真穂さんは医療人類学をフィールドとする方で、本書で初めて読んだ。2008年の特定健診開始を身体感覚よりも疫学データを優先し、データで健康を管理する今につながる生活に変化する契機と捉えている点が面白い。本書全体が2010年代の日本において進行した清潔化・キラキラしたダイバーシティ政策、新たなるジェントリフィケーションと、その背面で進行した社会病理を分析する本であるが、ここに糖質ゼロや第3のビールが2010年前後に発売されたことやメタボの名において予防医学が言われ始めたことをもって、我々自身が自らの健康を自らに課し、広い意味での規律訓練型権力に取り込まれていく契機と捉えている。

以下、メモであるが、3.11以降の日本社会を捉える上で、とてもコンパクトにトピックがまとまっており、必読である。

  • なんらかの答えを出すポジティブな能力は、プロフィールなど目に見える形にしやすい。一方、「なにが正解かわからない」状態を、むしろ安易な答えに飛びつかないことによって、自身とは違う考えの持ち主とも相互に尊重し合いながら乗り切るネガティブな能力は、視覚化には向かない(帚木逢生『ネガティブ・ケイパビリティ』)
  • SNSアイデンティティを可視化し、仲間を集めることは容易になったものの、多様性を掲げる野党は敗北した。積極的に自らの属性を可視化することを望む人々だけに限られたいわば「キラキラしたダイバーシティ」が包摂する以上に多くの人を排除してきた事実がある。
  • 個性をタグ化しないと交友を始められないのか?
  • 2010年台はプレゼンブーム。グローバル人材ブーム。火付け役はジョブズ
  • 平成末から、発達障害をギフテッド恵まれた才能と読み替えて持て囃すことが増えた。背景には病気の有無を問わず通底するハイコンテクストへの忌避感。人間同士のやり取りに伴う複雑な文脈を回避して相互に意味のずれが生じることのない空間で折衝も調整もなしに過ごしたいという欲求。
  • マイノリティをキラキラさせることでPRする社会運動の限界。視覚的に華やいだ演出が可能な絵になる弱者だけが注目と共感を独占し、本当に苦しい人たちの存在は不可視の場に追いやられる。
  • 何か中身のあることを言おうとすると意見が異なる人との間で摩擦が起きる。あらかじめその危険性を回避しよう予防しようとする優しさがやばいエモいの言葉には込められているのではないか。意見が違ってもいいという深い友情や信頼が生まれる可能性を未然に積んでしまってもいる。
  • なぜパーティのときに手土産を持って集まるか、それはケアの質を比較不可能にする、順位づけを見えなくすることが大切だから。ケアの内実を見える化数値化するのは実は怖いこと。全員が金銭を持ち寄ったら困る。
  • 平成末からはやってきた見える部分をキラキラさせるだけのダイバーシティはコロナで破綻した。我々は一律ではなく個別性にこだわるべきだった。
  • 視覚的アイテムやSDGsなりオーラなりパワーストーンなりタグとして流通する概念視覚化された言葉を通じてでないと自分がこの社会世界の中で有機的に位置づけられている気がしない。そうした孤独を抱えた人が増えている。社会学風にいうと生活世界が空洞化した結果多くの人がシミュラークルのように実態のない幻想でその隙間を埋めるようになっている。
  • 重要なのは、何か見える指標がないと気持ちが辛いという状況自体が視覚依存症とも呼ぶべき病気の症状を自覚すること。エビデンス重視の人こそ踏まえて欲しい。
  • フロイト精神分析には分析者の恣意性が入り込むから客観性は怪しくなるが、共同主観性(複数の主観が共有するリアリティ)にはそれなりの有効性がある。人間が対話する意味は客観性に到達することだけではなく共同主観性を構築することにもあると思う。p109
  • 心を数値や統計で表すことは現代の国の行政手続きでは不可欠。しかしデータとして表せないなら心の苦しさは存在しない、といった倒錯が起きると問題。そのために共同主観性のような曖昧なものの場所を社会に残しておくことが大事。
  • メラニー・クライン。妄想分裂ポジション(ps)と抑うつポジション(d)の二つの心のありようを提案した。psポジションのとき、白黒思考。敵味方しかいない。dポジでは「自分にも悪いところがあるのでは」と灰色のグラデーションで理解できる。クラインは抑うつを悪い意味では使っていない。psポジは三次元的。dポジは時間が導入されて四次元的。過去からの連続性を考慮に入れて相手を思いやるようになる。いまここだけではなく歴史を持った存在として現れる。苦しい時ほどpsポジションになる。安全感が保たれるとdポジに移行できる。
  • 通過儀礼にも暴力性がある。結婚して子供をもってはじめて一人前、という話はもう通用しない。しかし多様性の副作用として医学の言葉だけが人生のケアを独占するようになった。ですから、多様性を担保しつついかに苦悩を医療化から取り戻すかが重要。
  • すべてが綺麗でないといけないといった広義のジェントリフィケーションが進んでいる
  • 規範にはまらない固有の生き方を面倒くさいものとして切り捨て標準的な目に見える指標だけになるのは粗雑。「新たなるノーマル主義」と呼ぶ。
  • 否定性を含むものを味わうことで人間の難しさを知る
  • レトリックには本来、多様性や相互の対話を触発する役割があったが、その力を論破術に貶めてしまった結果、誰もがファクトしか気にしなくなった。批判を言い返せなければ負け、みたいな風潮。
  • ファクト的な正しさとは異なり、レトリックの品位を問うことが必要
  • 08リーマンショックと11東日本大震災以降は「当たり前の生活」の存在感が一気に大きく迫り出して、個性的な生き方の話は受け入れられづらくなった
  • 身体性への忌避感が広まっている。他者の身体に自分が侵食されることへの恐れ村田沙耶香
  • 相手の身体がないと歯止めがきかない。身体的プレゼンス(存在感)がもつある種の権威性がなせるワザ。身体を尊重し合うことが社会を維持するために欠かせない。オンラインだけでは議論や折衝は成り立たない。不透明なものとしての身体がどこかで必要になる。
  • 陰謀論エビデンス主義は、世界が多義的なものであることを拒絶し、単一原理に回収するものとして通底している
  • 欧米は日本以上に本音と建前が分離していると理解すべき。一致しているというのは日本人の幻想。分離を前提に社会を動かしている。
  • 医学や心理学の言葉、病名のタグ。ネガティブな感情を人前で吐露できない。他人と共有できない。人間関係のドライ化、隔絶化は現代の苦しいところ。ネガティブな語りができない・抑圧されることで、個別の物語が開かれていかない。その結果、物語が貧困化する。
  • 複数のストーリーを走ることが精神の健康には必要。過去を振り返ったときに、いいことも悪いこともあり評価が灰色であること。人生に流れている複数のストーリーのあいだで心が行き交っているとき、心には余裕が生まれる。「この物語以外ありえない!」となるとあぶない。「現状を理解可能にしてくれる物語はこれしかない」となると社会も敵味方にわかれてしまいグレーゾーンがなくなる。
  • 「一見誰もが肯定できる言説」がじつはあまり健康に良くないことをメンタルヘルスの専門家は気付きやすい。
  • プライベートな秘匿性を認めず、アイデンティティすべてを公共化するのは世の中が「一億総タレント社会」になった証。あらゆる属性がキャラ立ちのための道具として使われる。多様性の尊重とは正反対の世の中。
  • 学歴や資格などポジティブな属性が飽和。病気までもがタグづけされて資本となっている。
  • ボディレス、身体軽視。身体感覚よりも疫学データに沿って生活するべきという考え方が広まったのは2008年の特定健診開始が契機。第3のビールや糖質ゼロ商品が数多く出てきた。しかし、それを身体的な感覚で判断することはできない。
  • なぜ私がこの病気に、を自然科学は答えられない。医療人類学では、客観的な病気の感染源を扱う「病因論」と主観的な不幸を説明可能にする「災因論」を区別することがある。