無題

 特に目的もなく書く、ということをしばらくしていない。そういう余裕がなかったというのもあるし、そう言う気持ちが湧かないということもある。特に過不足のない、そこまで大変ではない仕事をして、いやもちろん大変な毎日なのだが、終電で帰ることもなく、クビになるような恐怖もなく、アトピーが早くもう少しだけ良くなって欲しいなと思いながら過ごしているうちに、あっという間に三十代も半ばに差し掛かろうとしている。俺はこのままでいいのか、やることがあるのではないか、このままではダメなのではないか、いやでも違うのではないか、何か別の道があるのではないか、そうはいっても今よりも良い選択肢はあるのだろうか、かといって今のままで良いというわけでもないだろう、そんな心の声が、特にピアノの練習をしていると頭の中をよぎっている。ピアノを弾いている時は瞑想している状態に近いのだろう。大学院に行くのか、どうするのか、どこにいくのか、試験はなんなのか、働きながら行けるのか、貯金はいいのか、NISA口座にまだ空きがあったはずだ、今日は掃除機をかけていない、枕カバーの洗濯を忘れてしまった、休みは明日までか、体重をもう少し落としてみようか、こんなaccessvbaの勉強をしていていいのか、等々、頭の中をよぎっている。
 高橋洋一の本は結構好きだと思った。間違ったことを言っているのかもしれないが、少なくとも投資に関しては堅実なことを言っている。投資に関して堅実なことを言っている人間は信頼できる。