SNSに存在すること

比較

 人との比較をやめる、というのは難しいことだ。これまでの人生で身体に染み付いているし、競争はモチベーションを上げてくれるものだ。一概に悪いとも言えない。でもよく耳にする言葉でもある。自分のできることに集中して、周りを気にせずに夢に向かって一直線で突き進もう、周りは関係ない、比較したって仕方ない、と。
 解釈が必要だ。
 他人の物差しで生きるのはつまらないからやめよう、という意味であるなら、ある程度納得できるかもしれない。社会で生きていて、比較から逃れられることはないからだ。どの分野であれ、必ず比較される。なんだって比較されてこそ価値が与えられる。そのときに、その物差しありきでものを考えて生きていたらつまらないし小さくまとまってしまうよ、と。そういうことなのかもしれない。

SNSに存在すること

 職場の友人から、遊びに行きたいけれど緊急事態宣言が出ているから行っていいか迷っていると相談を受ける。僕は「スマホや電子機器のGPSを切って、決済はすべて現金で定期券も使わずに切符を買って、どこに行ったとかSNSに書かなければその行動は存在しないのだからいいんじゃないかな」と半ば冗談のような、冗談ではないような返しをした。SNSに存在しないことは存在しない。SNSに在ることが存在。これは「在るとはどういうことか」を問うてきた存在論の哲学に一つの定義を与えるものだなと思った。
 物事があるとは、SNSに存在することである。

孤独

 孤独は健康に良くないらしい。寿命を縮めてしまうそうだ。やだな。
 この土日も、少し仕事をして、その他の時間は1人で過ごした。毎日5キロを走るのと、食糧品の買い物以外には外に出ないし、人にも会わない。楽器を弾くことで、対話をしている気持ちにはなるから気持ちは和らぐけれど、誰かと喋りたいなと思ってしまう。みんなはどうしてるんだろう。
 こんなことになるならコロナになる前に結婚しておけば良かった、デートもできないじゃないか。みんなはデートしてるのかな。でも異なるコミュニティの人と会うの、怖くないのかな。俺はちょっと怖いな。でもそうこうしているうちに歳を一つ重ねてしまう。ちょっと焦りみたいなものもあるし女の子なら尚更だろう。ちゃんと家で過ごしている人もいて、こういう行動がまた負の感情を惹起してしまう。あーやだやだ。
 毎日走っていても、こんな感じに落ち込んだりしてしまうので、いったいメンタル弱めなひとたちはどうやって気持ちを維持してるんだろう。先が見えないと思って悲しい気持ちになってしまっているひと、いっぱいいると思うのにな。
 がんばろう、なんとかなるさ。よく寝て起きたら明日もいい天気だ。

クックパッドマートの担当者さまへ

 クックパッドマートの担当者 様

 お世話になっております。
 船橋市に住む株主です。船橋駅の近くにもクックパッドマートの受け取り店舗を置いてください。
 よろしくお願いいたします。

 僕より

江戸時代

 読んだ。江戸時代の経済政策について、主に米価の調整について書かれている。とても面白い。江戸時代はお金の基本はお米だから、各藩の大名や幕府も財産の基準はお米だった。大坂ではそのお米の引換券である米切手を使った証券市場が出来上がっていて、幕府はここでの取引に介入しつつ物価の調整をしていた、という話。なんとまあ、今の世の中とそう変わらんやん、ていう。人間の基本OSはそう簡単には変わらないよな。