まだ買っていない机と椅子

ここのところ体調がすぐれないと思うことが多くなってきた。冬の寒さの影響を受けているのか、コロナなのか(いや、コロナだったらもう少し鼻水だったり咳だったり出てるだろう…ただだるいだけってこともあるの?)はっきり言ってよくわからない。今月は残り5日となってしまったのに、まだランニングの距離は86kmだ。毎日5km走って110km、なんとか100kmを超える。100kmは走らないと。ようやく日の出の時間は一番短い時期の峠を超えて、これからどんどん日の出が早くなる。とても嬉しい。だけれども僕の朝起きる時間はまだまだ遅くなる一方だ。vo2maxが45を超えてこれからだと言う時にこんな体たらくではいけない。でも朝は起きられない(もちろん仕事に遅刻したりはしないけど)。アトピーもあまり良いとは言えないし、虫歯も気になる。決められないことが多い。

決められないと言えば、もう3ヶ月くらい机と椅子を買おうかと悩んでいる。合計で10万円ほど。毎月の収支で10万の支出はすなわち赤を意味するのでなかなか手を出せずにいる。けれどもそうしているうちに、毎月の生活費での支出は10万を超えていく。今月も超えてしまった。働いているというのにたった10万円の支出で数ヶ月も悩むなんて…1年間ではこの何十倍ものお金を使っているというのに…最近はコロナで友達ともご飯も行けてないというのに…。どうやら自分には「これだけの期間思い悩み苦しんだのだからこれくらいの出費は許しても良かろう」というような謎な損益分岐点のようなものが存在しているようだ。3ヶ月の悩みでは釣り合わないのかもしれない。もう1ヶ月ほど悩んだら、私の中の何かが私に対してgoサインを出すのかもしれない。

コロナで相変わらず世界は右往左往っぷりを発揮していて、昨日少し感染者が減ったニュースにも「もう少しこの混乱が続いてくれ…!」というような欲望を読み取りたくもなってしまう(事実そういう人も多いだろうし、自分で気がついていないだけでそう思っている人も多いだろう)。何を隠そう、私もほっとした気持ちとこの非日常が終わってしまうことが惜しいような(おそらく平衡を保とうとし変化を嫌う人間の生理的な性ではなかろうか)両儀的な気持ちを抱きつつ毎日を過ごしている。