日記

今日は首相が一日中外出しなかったそうだ。毎日新聞がそう報じてニュースになっていた。首相が家にいただけでニュースになるのだから、ニュースというものはなんぞやという証左でもあろう。年明けから第二回目の緊急事態宣言というものが出ているが、NHKニュースでは「人出は減っていません、政府は不要不急の外出を控えてくださいと呼びかけています」とそればかりだ。西村大臣は「四月と同じレベルでの自粛を」と呼びかけている。氏のTwitterのアカウントもあるが、どうしようもなく読解力のない人々のリプライが垂れ下がっている(こういうものを今の時代ではクソなリプライ、略してクソリプ、と言うようだ)。

コロナウイルスというものが蔓延しているため外出の自粛を政府が国民に要請している。自粛をというのは、そもそも自らの意思によって慎むことであるのだから、それを要請するというのは、けだし矛盾を孕んだ表現である。しかしもう誰も何も言わなくなってしまった。テレビでは、飲食店を営む人たちが阿鼻叫喚のごとく補償について述べている。

人々も2つに分断されてしまったように見える。一つには、粛々と人との接触を避けて家に引きこもっている人たち。一つには、気にせず普段通りの生活を続ける人たち。我慢して家にいる人たちが、感染症を広げていると言われている外出する人たちへやり場のない憎悪にも似たような気持ちをSNSYahoo!コメントに書き連ねている。近頃は、民間の病院がコロナ患者を見ないと報道されており、「俺たちに自粛を求めるなら民間病院もちゃんとコロナを見ろ」と言わんばかりにバッシングが生じている様子である。今日は東京都では1500人余の感染者が確認されたとのことであった。これでは、とても病院には入りきらないだろう。本当かどうかはわからないが、人々の中には「首相はコロナを風邪だ、お年寄りがある程度亡くなるのは仕方ない」と思っている、と言っている者もいる。政治というものは、ある一つの利害団体を重んじるわけにもいかず、難しい舵取りである。

丸山眞男の評伝を読み終える。昨日と今日の大学共通テストの倫理では小林秀雄丸山眞男吉本隆明、ハンス・ヨナス、ベンヤミンも出題されたそうだ。なんとなく、どのようなものが何を考えて問題をつくったかわかってくるような選び方である。評伝の中で、1950年代の附添婦廃止問題と「死の座り込み」について知る。1996年の3月にも健康保健法改正で廃止されたそうだ。

丸山の無責任の体系の話など、もう巷では聞かなくなってしまったが、このコロナの惨禍の中にあっては取り上げる者が一人くらいいてもいいように思う。