日記

  今年ももう残すところ数日なのだが、全然そんな気持ちもなく、またクリスマスという時期ではあるものの全く季節感を感じられない日々が続いている。それもこれもコロナのニュースのせいなのだが、それは自分が行政機関に近しい場所に勤めているということも理由の一つなのだろう。大学時代は全くテレビを見ず、政治や世間のニュースにはほとんど興味もなかったものの、こういう世界の中に入ってからはやはりテレビを見る時間が増えるし世間の動きには敏感になってしまう。いい意味でミーハーに与太話や政治ゴシップに浸かり、日々のストレスをヤフコメのような場所に書き込まれるものを見ながら同調するような、そういう感じ。あまり問われないけれど、ああいうニュースにぶら下がるコメントによってどれほど世論が操作というか共感を強化というか、そういうモメントが働くかの研究はあるのだろうか?結構あるように感じる。

 真面目に仕事をしているとそれなりに四方他方にストレスがたまり、自分にも相手にも厳しく接してしまう部分がある。良くも悪くも。自分が気持ちよくドライブできる領域と、そうはいかない領域がある。それを区切るものが何なのか、考える。