無題

なるべく選択肢を残し、得られるだけの情報を得てその中から取捨選択をし、最もベターだと思われる選択をする。というのはよくある知性的な態度であるが、バランスを崩すともっと良い選択肢は無いか、と決断を遅らせることになり、ずるずると、判断のできないまま時間だけが過ぎていくことになる。
その判断が正しかったのか誤っていたのかは、たいていは未来に、文脈依存的に決定され、その決定も変わり得るものだ。なので、本来はそれほど気にすることはないはずなのだ。その判断によって人生が進んでいくのだから。