在宅勤務

在宅勤務

 在宅勤務になって、週に1〜2度しか出社しなくなった。家ではコーヒーの消費量が増えて、スーパーに行くことが増えた。家であまり勉強に集中できず、いつも予備校の自習室や図書館で勉強して喫茶店で本を読んできた人間だから、当然自宅での仕事というのも慣れないものだ。とはいえ仕事だから、ちゃんとアウトカムを意識して報告をする。インターネット環境は職場よりも良いため、そういう作業は捗るけれども、誘惑も多い。コーヒーを飲みに席を立つことがとても増えた。
 在宅になって買ってよかったもの。モニター。

 厳密には友人に譲ってもらったものだ。やはり仕事の質も方法もモニターの大きさへの依存度は大きいなと感じた。これまでほとんど使わなかったslackもこの画面の大きさがあれば全然隅に置いておける。

仕事中の邪念

 こうなると、更に部屋の整理をしたくなってしまうのが常ではないか。本棚の本を捨てないといけないな、とか、掃除をもう少ししないといけないな、とか、グランドピアノを入れたら、よくよく考えたらベッドが置けなくなるんじゃないか、とか、この机は大き過ぎて捨てないといけないな、とか、この家具は一戸建て用のものでマンションには合わないから捨てないといけないな、捨てるには電話をして回収しに来てもらわないといけないな、そういえばパスポートの更新の手続きはしたけれど受け取りが5月の末までだったな、とか。

連休へ

 だらだらと思考は頭の中を過ぎ行くけれど、あまり実行に移せない日が続いていた。仕事は日々の雑念を忘れさせてくれるけれど、自宅だとそうもいかない。仕事は期限のギリギリまでにならないとモチベーションが上がらない。期限の迫ったタスクをこなして回しているから何とかなっているけれど、余裕があるかといえばそういうわけでもない。
 ずっと自宅で過ごすゴールデンウィークなんて初めてのことだ(例年、ここ最近はラフォルジュルネに参加させてもらっていた)。なにかしなきゃな、と思う。