日記

練習

今日も今日とて、練習。そろそろ、本当に一室防音の見積もりを取らなくては。いまの簡易防音は音響がズタボロで余計な力が入ってしまい、身体にも宜しくない。300万くらいかかりそうだから二の足を踏んでいる。

内田樹

日本がアメリカの属国であるという立場を譲らないような書き方をするようになってからなのだろうか。最近、あまりプレゼンスが宜しくないように思われるのは。『永続敗戦論』読みたいのだけれどKindleになってない。
敗戦が今の今も日本のシステムを苛まんでいる、という論だと思うのだけど、どうもふに落ちない。国民の無意識、というように、これは吉見俊哉の『親米と反米』なんかの本でもそうだけれど、どうも信じ切れないというか、ほんとにそんな無意識を国民レベルで持っているんだろうか、という疑問が残る。

映画を見る恐怖

映画を観ようと思いつつ、なかなか見れない。観ると、何かが変わってしまうことが分かっているからかもしれない。90分なら90分、その世界から出ることを許されない。物語とはそういうもので、だからこそ素晴らしいものなのだが、同時に危険なものでもある。自分が拠って立つ世界観や価値観そのものをずらされたり、変容させてしまう恐怖心というものがある。