他者へのひれ伏し

読書をしてもイマイチ行動に移せない、という場合には、その著者へのひれ伏しが足りないのだろう。「そんなこと知ってるわ」と、あるいは知識の確認のために読む、なんて場合には、知的に成長するということはあまり起こらない。その本には「私には絶対にわからないことが書いてある」「わからないが、その一部でもなんとか理解しよう」くらいのマインドで、教典の如く扱い、ひれ伏し、対峙することで、初めてその読書は意味あるものになるのではないか。逆に言えば、そういう読書で無ければ、知的レベルを引き上げるような体験は出来ないのではないか。

他者へのひれ伏し。ひれ伏し続けること。存在を認めること、存在の権威にひれ伏すこと。天狗になっている時期にはそんなことは出来ない。日頃より他人を疎かにしているようなマインドが染み付いてしまっていると、なかなか難しい。生きていくためには学び続けないといけないし、自分の行動を変えるためには、ひれ伏し続けることが大切だ。