本番

本番を1つ終えた。高校の仲間といまも演奏ができるのは恵まれていると思う。いろんなひとから労いの言葉をもらう。クラシックを普段聞かない方たちからは、珍しい、普段生では聞けないものとして聞いて頂ける。僕はなんどもいろんなところで音程が微妙だったし、ちゃんと弾きたいようにはひけてなかったけれども、そんなことは、聴いている人たちにとってはあまり大きな問題ではなかった。

確かに、録音を聴くと、それほどの問題ではないように聞こえた。この差はなんだろう、と思った。自分では決定的に音程を外している、と思いつつも、録音ではそうでもない。音程の幅の問題だろうか。