無題

不思議だな。ヴィオラはとにかく具体的具体的に指摘を受けたい一方、ピアノは出来るだけ抽象的な指摘の方が身体が思考を始める感覚がある。と、これまで思っていたのだけれど。
ヴィオラも抽象度の高い指摘の方が、二つ以上の技術の連関は進むかもしれない。
小説や文章を読むことが極端に怖く、テクストの内に潜ることが出来ない日がつづいていた。