2015-01-16から1日間の記事一覧

川上未映子の『ヘヴン』を読んだ

川上未映子の『ヘヴン』を読んだ。『すべて真夜中の恋人たち』に比べると、構造的にゆとりがあるのではないかと思う。すべての部分に意味があるような、まったく全体に関わりのない意味のない部分もあるような、それはコジマが語るように「すべての苦しみや…