読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

人生の浪費

「彼女がほしい」という友人が後を絶たないが、マッチングアプリ全盛のこの時代において「出会いがない」というのは、半分は理由にはならない。しかし、彼らの「彼女がほしい」は「(ちゃんとした出会い方をして、互いのことを知る共通の知人がいる環境で結ばれる)彼女がほしい」ということなんだろう。彼らにとってはそれが常識なのだろう。

私も「出会い方など大した問題ではない」という考え方を採用していた。しかし近年は「人生は2人だけの問題に止まらない」とも思うようになった。これまでの人付き合い、そしてこれからの人付き合いもあるから。現在のマッチングアプリは「とりあえずセックスしたい男女」「とりあえず恋人が欲しい男女」に最適化されており、その後の人生を共に歩むパートナーとして互いの交友関係までうまくマッチングさせるような機能は持っていないし、そんなことは不可能ではないか?ここが現行のマッチングアプリの課題であると思う。