読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

人からよく思われたい、すごいと言われたい、相応な地位を築き、尊敬されたいという欲望は、外向的に活動して努力する原動力になり得るものなので、それ自体を否定するのはどうかと思う。でも「ありのままでよい」やら「他者からの承認を否定する」なんて言うと、それまで上述のような力を梃子に勉強・努力してきた人、いまもしている人はどうなってしまうのか。はたまたそれまで上述のような力を梃子に勉強したり努力してきた人が、「ふーんそうか」と努力をはたと止めてしまう方が、その人にとっては明るくない未来を招くことになるのではないか。というようなことを考えた。