読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨年よく聴いたCD

musik

昨年よく聴いていた音楽たち。

Mozart: Duos for Violin and Viola

Mozart: Duos for Violin and Viola

クレーメルとカシュカシャンのデュオ。kv423の1楽章にとても技術的に上手だなと思う箇所があり、フィンガリングがどうなっているのかを結構考えた。

ヴォロドスラフマニノフ。先輩に薦められたのだが、ジルベルシュテインをたくさん聴いていたためにこのカデンツァははじめ何をしているのかわからなかった。職場からの帰り道に聴いているととても癒される。

昨年幻想をやったから音源をいろいろ聴いたけどこれが一番好みだった。2楽章のコルネットが一番ハマってるのがこの盤だと思う。

シューマンのピアノコンチェルトではリパッティが一番好きだ。
今年はキーシンをたくさん音源聴きたいと思っている。その前はグルダモーツァルトばかり聴いていた。

Biber: Harmonia Artificioso-ariosa

Biber: Harmonia Artificioso-ariosa

  • MUSICA ANTIQUA KOLN & ラインハルト・ゲーベル
  • クラシック
  • ¥2500

Biberの技巧的で楽しい合奏、と邦題がついているもの。

リュリのアルミードの音源。昨年の夏頃観る機会があって好きになった。パッサカリアが好き。

Bach, J.S.: Violin Concertos

Bach, J.S.: Violin Concertos

ユリア・フィッシャーのもの。テンポは少し早い。オーボエとのドッペルも入ってるので聴いていた。



あとはYouTubeから落としたものもある。今年は今まであまり聴いてこなかったものをいろいろ聴きたい。とりあえずショスタコーヴィチ弦楽四重奏