Without haste, but without rest.

Without haste, but without rest.

二度寝

久しぶりに何もない午前。半年ぶりくらいに二度寝をして、いろんな夢を見た。寝起きの気だるさが残るままにコーヒーを淹れてタバコを吸う。少しは眠りが浅くなるだろうと思いそれからまたベッドに横たわる。11時頃にのそのそと起きてNHKをだらだらと見た。
神経が完全に弛緩仕切っている状態を感じるのは久しぶりだと思った。昔はよく一日中寝て、夕方のそのそと起き上がって、という生活をしていた。
昨年の夏あたりから、定期的に朝走る頻度を上げて二度寝をしなくなった。それはそれで良かった。メンタル面での不調を感じることは、かなり少なくなった。体調面から精神面への不調の伝播は少なくなった。しかしながら、メンタルコンディションが好調であるということから体調面での不調に気付くということも同時に少なくなってしまったのかもしれない。

肌のコンディション、つまり自己免疫疾患系の諸々が不調を訴えているということは、体調面の不良だと捉えるのが良いのか?
なにかわかりやすいサインが自分で把握できれば、と思う。